名古屋で人気の一貫校|家庭教師を雇えば成績アップも夢じゃ無くなる

家庭教師を雇えば成績アップも夢じゃ無くなる

勉強道具

名古屋で人気の一貫校

大学生

入学希望者が多い人気校

国立「名古屋大学教育学部附属中学校・高校(名大附)」の特徴と、卒業後の進路について調べてみました。名大附は愛知県名古屋市にある中高一貫校で、校舎は名古屋大学の東山キャンパス西側に併設されています。名古屋大学のネームバリューや、SSH(スーパーサイエンススクール)指定校であることなどからか、入学希望者が多く倍率は毎年7倍程度にも及ぶと言われる人気校です。名大附の入試は筆記試験よりも、小論文や面接が重視されており、筆記のレベルは高くありません。また私立の一貫校とは異なり、国立である名大附には、名古屋大学への内部進学というものがありません。一般推薦はありますが、一般入試と比較しても突破するのが難しいようです。名大附は一学年100人強といった少人数ですが、難関国立大学や難関私立大学へと多く学生が進学しています。

受験勉強にとらわれない

名大附に入るメリットは数多くありますが、その中でも「総合人間科」と呼ばれる授業は魅力的です。総合人間科では、大学の研究のように、独自の基準で自由に研究をし成果を発表するという機会が設けられます。生徒は自分の興味がある分野に、受験勉強の枠を超えて突き進むことが出来るのです。またSSH指定校であることから、理数系のプロジェクトも多いです。数学オリンピックをはじめとした理数系コンテストへの出場、海外のSSH指定校の生徒との交流などを楽しむことが可能です。これらの経験は、理数系の大学受験においては非常に有利になりますし、推薦入試の面接や小論文を書く上でも大きなメリットとなることでしょう。また教育学部附属であることから、教育系の高大連携プロジェクトにかかわることも可能です。高大連携プロジェクトは、愛知県でも盛んに行われるようになってきており、他の高校・大学と連携して垣根のない学習が出来るように、教育のシステムが変化してきています。名古屋に限らず、今は大学受験が変革の時期を迎えているため、受験勉強にとらわれない学習が必要となってきているのです。